私たちは、2社共同でEC SHOPを運営しています。2社の社名を羅列することも検討しましたが、長すぎてしっくりこないので、「キャラクターファン倶楽部」と名のることにしました。

業務提携とかアライアンスとか呼ばれる企業よりな団体というよりも、個々の得意分野を持ちよって、仕事をする「ギルド」(組合)的なスタイルで運営を行っております。

自らも「熱狂」できる製品だけを販売する

「売れるからやる」という企業的な考えではなく、個人的な嗜好をビジネスに同期させる働き方を目指しています。

私たちの強みは、長年キャラクターのものづくりに携わってきた経験と製造工場との信頼関係にあります。

通常採算に乗らないマイナーなデザインでも、少量での生産を行うことによって、販売することが可能です。

2017年、ユニクロでも販売されている「縫い目がない」ホールガーメント編機を製造した島精機製作所製作所が開発したデザインシステム「APEX3」を導入しました。

ニットやプリントで製造するデザインを、サンプルを作らずとも画像で再現することができるシステムです。

サンプルを製作する前の段階で、バーチャルサンプルを製作し、SNS上でカラーバリエーションの反応を見たり、ご意見をお聞きし、お客様にとってよりエモーショナルな製品になるよう改善を加えて行くことが可能です。

自らが熱狂できるカテゴリーにおいて、私たちと同じように熱狂ができるファンの方々と一緒に、ものづくりをして行くことこそが、私たちの目指すスタイルになります。

APEX3を使ってバーチャルリアルティの世界で製作した、靴下のバーチャルサンプルです。

画像をタップするとPOP UPするので、細部までご覧頂けます。

産地や工場も含めて皆がハッピーになれるものづくり

多くの人に、勇気や喜びを与えることができるキャラクター製品だからこそ、産地や製造工場なども含めて皆で作り上げたいと考えています。

海外で製造をする場合、流通経路が複雑になる場合があります。そうなるとどこの誰が製造して、材料がどこからきたか日本側からは見えません。

私たちは、そのようなことがないように、どこで、どんな人々が、どのような考え方のもとに製造したのか、お客様に知って頂くことができる「作り手」の顔が見える製品のみを取り扱うことをポリシーにしております。

「サステナブル」

サスティナブルとは

「持続可能な」という意味。主に自然にある資源を長い期間維持し、環境に負荷をかけないようにしながら利用していくことを指す。サスティナブルは英語ではsustainableと表現し、「持続できる」「支持できる」「耐えられる」といった意味を持つ。参考:webio辞書 新時事用語辞典

 

多くの企業が、商品の紹介に「サステナブル」というワードを使用しており、いささか陳腐な感じもしないではないですが、

私たちの目指すところも、「長く使うことができるキャラクターグッズ」の製作ですので、ものづくりの考え方の一つに「サステナブル」を加えることにしました。

私たちの「ハンドクリーム」と「オールインワンジェル」は容器式を採用しています。

チューブ式ですとどうしても使い捨てになってしまいますが、食品衛生法にも合格をしている、しっかりとした容器ですので、使いおわったあとも安心して再利用頂けます。