私たちは2014年、東京JR中央線東小金井高架下で誕生した靴下メーカーです。

JR東小金井の高架下は、起業家の事務所や個人経営の商店が集まっています。「東小金井高架下ストリート」と呼ばれることもあります。

屋号は、靴下を履く人、デザインをする人、つくる人など、靴下に携わった全ての人々がハッピーになってほしいとの思いから、「ブリングハピネス Bringhappiness」と名付けました。

現在は高架下ストリートの一角にあるインキュベーション施設「KO-TO」を拠点に活動しております。

 

 

今年(2020年)の8月から、大阪を本社、東京に支社をおく、ユニオンシステムさんと共同で、

アイムドラえもん「オールインワンジェル」と「ハンドクリーム」の販売を中心にキャラクターコスメと靴下を販売するためのブランド「キャラクターファン倶楽部」をスタートしました。

私とドラえもん

私は1972年生まれです。今まさに50周年を迎えている「ドラえもん」と一緒に人生を歩んできたとも言えます。

初めて「ドラえもん」と出会って数十年がたった今、私も3人の子供の親になりました。

今も子供の頃と同じように、日常生活のいたるところにドラえもんがいます。

子供たちがどこからとなく買ってきた、ボロボロになるまで何回も読みこんだてんとう虫コミックスがベット、リビング、トイレなど家のあちこちに無造作に置かれています。

手にとって開くと、「オシシ仮面」「元高角蔵」「ほらのび」など、忘れ得ない登場人物たちと再会します。

そんな数々のストーリーは、30年近くも年を隔てた子供たちとの共通言語になっています。

初期ドラえもんデザインを見てテンションあがってしまった

 

私たちのEC SHOPは、もともと自社台湾靴下工場で製造したキャラクター靴下の販売をしていました。

ドラえもんの「ハンドクリーム」と「オールインワンジェル」の取り扱いを決めたのは、長年の業務提携先であるユニオンシステムさんが製造した、初期ドラえもんのハンドクリームのデザインを見てテンションが上がったのがきっかけでした。

ECへの展開を検討していたユニオンシステムさんにとっても渡りの船だったらしく、とんとん拍子で話が進みました。

ユニオンシステムさんとの出会い

ユニオンシステムさんとの出会いもまた「ドラえもん」がきっかけでした。2014年地域限定のご当地グッズである「どこでもドラえもん」の靴下を製作することになり、お声がけ頂きました。

キャラクター製品は、版権元にサンプルを提出して監修を受け「校了」をもらって初めて製造することができます。

「黒目が小さい」「ヒゲが短い」など版権元からの指導のもと、何回もサンプルの製作を行い、数十種類もの靴下を作り込んで行きました。

修正の都度ユニオンシステムさんの秋葉原事務所に訪問して打ち合わせを重ねました。

時間はかかりましたが、無事に発売することができました。売り上げに応じてアイテム数が増え、私が秋葉原に滞在する時間も長くなって行きました。

靴下事業の成長を見込んで2017年の夏、2社共同で、サンプルを製作しなくても、靴下の網目を画像で再現できる「バーチャルデザインシステム」を購入しました。

システムを秋葉原に設置したため、事務所の合鍵をもらい、サテライトオフィスとして使わせてもらうことになりました。

キャラクター「ハンドクリーム」と「オールインワンジェル」

ユニオンシステムさんは、本社が化粧品の加工、東京の支社が観光物産などキャラクター事業を手がけています。
 
大阪河内郡にある本社は、医療部外品や化粧品、食品などは許認可を取得しています。主に有名百貨店ギフトの流通加工を請け負っています。
 
2015年頃から海外からの観光客の増加に伴い、化粧品流通加工の仕事も増えてきました。需要を見込んで東京支社でもコスメ商材の開発を進めることになりました。
 
東京支社の強みは、長年キャラクター雑貨を製造したきた経験による「版権元とのパイプ」と「販路」でしたので、キャラクターを活かしたコスメの開発に取り組むことにしました。
 
現在「ハンドクリーム」と「オールインワンジェル」の製造を委託しているデリシアスエーシは、展示会などで、コスメを製造する工場を数十社探すなかで知り合いました。
 
大阪河内郡に拠点を置くユニオンシステムからお隣の富田林にあるデリシアスエーシまでは車で約10分の距離です。
 
同じ地域の企業であり、キャラクターコスメの話をすると、面白いということで意気投合し一緒に取り組む運びとなりました。
 
工場の協力もあり、少しづつではありましたが、事業も順調に推移して行きました。
 
 
とのお取引が決まり、対外的な信用度も高まりました。

コロナ

2020年は、ユニオンシステムさんにとって勝負の1年になるはずでした。
 
オリンピックイヤーということもあり、「アイムドラえもん」「マイメロディ」「キキララ」などの版権を取得し、イベントで販売する予定でした。
 
しかしながら、新型コロナウイルスの影響で軒並みイベントが中止になりました。ご当地の観光物産のオーダーもゼロになってしまいました。
 
靴下の製造と販売をなりわいにする、私たちもまた、方向性を模索していました。
 
2019年からキャラクター靴下に取り組んでいましたが、本気でブランドを立ち上げようと考えた場合、人生をかけるつもりで、やり続ける覚悟がないと難しいと感じていました。
 
そのための原動力は、自らがどのくらいのめり込めるかにかかっています。
 
もやもやした気持ちで日々を過ごす中で出会ったのが、エモーショナルな初期ドラえもんのデザインたちでした。
 
約50年間、共に人生を歩いてきた「ドラえもん」なら、寝食を忘れるくらい「仕事だけど仕事じゃない熱狂」を持って取り組めるのではないか。と思いました。
 

ユニオンシステムさんと共同で、アイムドラえもん「オールインワンジェル」と「ハンドクリーム」の販売を中心としたキャラクターコスメと靴下を販売するためのブランド「キャラクターファン倶楽部」を立ち上げることにしました。

Twitter

2020年8月、ECサイトのリニューアルOPENを機に、ユニオンシステムさんが開設したTwitterを手伝わせてもらうようになりました。
 
ユニオンシステムさんが企画したハンドクリームのプレゼントキャンペーンは632リツイート。
 
 
続いて行った、ドラえもん誕生日ウィーク送料無料キャンペーンでは多くの方からご注文を頂くことができました。
 
プレゼントと送料無料キャンペーンの期間中、Twitter上で多くの方からの感想を拝見しました。「ハンドクリーム 」と「オールインワンジェル」の販売は初めてだった私も安心して販売ができるようになりました。
 

新しいキャラクターメーカーのあり方を模索する日々

私たちが、ドラえもんに取り組むにあたって、「仕事だけど仕事じゃない熱狂」を持って、皆様と一緒にブランドを作って行きたいと考えています。
 
ビジネスとして「売れるから」このキャラクターをやる。
「価格が安いから」という理由だけで工場や産地を決める。
 
という企業的な考え方ではなく、自らも熱狂でき、産地や工場も含めて皆がハッピーになれるものづくりを目指して参ります。
 
活動の記録は、随時このページに追加していきます。今後とも宜しくお願い致します。